リピートしたい蕎麦屋

オヤジは蕎麦好きというのは昔から変わらない日本の風景である。しかし最近は若い女子も好んで食べるようである。私の場合、ランチは消去法で蕎麦屋に行くことが多い。蕎麦は一般的には健康食と言われているが、実はそうでもないと思っている。蕎麦自体に炭水化物が多いし、お店では扱いやすくするため小麦粉を配合しているものが多い。また蕎麦の実を全て使ったものは脂質が多くなる。蕎麦屋で野菜を摂ることは難しいし、天ぷらは酸化した油の塊みたいなものである。蕎麦の栄養成分は、茹でるとほぼゆで汁の方に溶け出しているという事であるが、蕎麦屋で出てくる蕎麦湯は飲みやすい様に薄い蕎麦湯であるので左程の効果があるとは思えない。

そうであっても何回かに1回は蕎麦屋に足が向く。その中でも何件かはいつもリピートしてしまう蕎麦屋である。

板蕎麦 香り家 恵比寿店(渋谷区 恵比寿 4-3-10)は、「鴨南蛮蕎麦」にはまっている。お出汁が最高である。ランチタイムには炊き込みご飯が付くのでお得感がある。

 

 

 

三好屋 新町店 (千葉市中央区新町17-12)は、「箱蕎麦」にはまっている。ここは何ということは無い昔風の蕎麦屋であるが人気店である。自社ビルの1階で営業している。自社ビルが建ってしまう程の繁盛ぶりである。

 

 

 

よしむら 清水庵 (京都市東山区 清水 2-208-9)ここは、先日初めて行った店であるが、妻が頼んだ温かい蕎麦のお出汁を味見して感動した。次回京都に行く時はリピートする予定である。

私の場合、塩分を控えるために一口もお出汁は飲まないのであるが、お出汁の味自体は蕎麦屋選びの決め手になっているようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA