不動産セールスなど、しつこい電話セールスの効果的な断わり方

不動産の電話セールスには、「買いませんか?」と「売りませんか?」のパターンがある。

世の中には名簿屋というものがあり、マンションの所有者リストなどが販売されている様である。登記簿謄本を上げただけでは電話番号は分からないので、マンション管理会社の社員が会社に内緒で持ち出した名簿を名簿屋に売っているとしか考えられない。

「物件を買いませんか?」という業者は、高校・大学の卒業者名簿や企業の社員名簿、またはかつてマンション業者のアンケートに記入した名簿が廻っているのだろうと推測される。

大手の不動産会社は、この様な電話営業は行なわないので、電話を架けてくるのは聞いた事も無い様な会社ばかりである。

また、最初に会社名を名乗ったり、目的を言うと電話を切られるので、まずこちらの名前を確認して来る場合が多い。

「売り・買い」どちらの業者も何らかの名簿をもとに順番に電話を架けまくっているので、断られる事には慣れているので、そのかわし方を研究しており、生ぬるい断わり方をするとなかなか電話を切る事が出来ずに時間を浪費する。

相手は、何らかのアポイントが取れるまで、座る事を許されず立ったまま電話をさせられていたり、受話器と手を包帯でぐるぐる巻きにして電話をさせられている厳しい営業会社もあるようなので、担当者は必至である。

こちらにとって迷惑だからと言って、ガチャ切りしたり、酷い対応をすると、電話番号を知られている以上、後から嫌がらせをされるリスクもあるので、断り方は相手を変に怒らせる事の無いよう慎重に行わなければならない。

今時、固定電話に電話をして来る人はいないので、固定電話に架かってくるのは全てセールスの電話である。

電話に出る時は、絶対に名前を名乗ってはいけない。

受話器を取っても、何も言わずに待つか、何か言う場合でも「はい。」だけにするべきである。

不動産賃貸経営などをやっている方は、特に不動産仲介会社から電話が架かって来ると思う。

「○○様のお宅ですか? ご所有の物件ですが、当社のお客様で物件購入を考えていらっしゃる方がいまして・・・」という事で、こちらが売る気がないかを尋ねて来るものである。

中には言葉使いや態度がよろしくない営業マンもいるので、不愉快になる。

以前は「売るつもりはありません。」などと正直に答えていたが、最近は先方の事情が分かったので、相手にしない事にした。

しかし、相手を不愉快にさせず、断るのは手間がかかる。

そこで、最近思いついたのが次の断り方で、これが最大の効果を発揮する事が分かった。

「電話番号をお間違えですよ 。」と言うだけである。

「〇〇〇様のお宅ではありませんか?」と言われても、

「いいえ、違います。 電話番号をお間違えですよ 。 」と返す。

さらに「〇〇区〇〇の〇〇〇〇という物件をご所有では無いですか?」と食い下がって来る場合があるが、

「いいえ、持っていません。電話番号をお間違えだと思いますよ。」と返す。

こうすれば、相手は取り付く島が無く、名簿が間違っているとして、削除してくれるだろう。

「見込み客が居る」などは、100%嘘なので、

本当に売却する時は、この様な電話セールスの不動産会社ではなく、信用できる不動産会社に任せればよいのである。