マリオット・タイムシェアの資産的価値 <何もしないハワイ旅行>⑯

この記事は、マリオット・コオリナ・ビーチリゾートクラブのタイムシェアの見学会についての感想・評価・コスパ・資産価値について、口コミ的に書いています。

 

ひと通りお部屋を見学させていただき、また最初の説明会フロアに戻る。具体的な販売価格の説明を受ける事になるが、例によって今決めれば特典価格にて購入出来るという事でクロージングを受けた。しかし衝動的な購入の仕方をしたく無い我々としては答えを留保して帰国の2日前までに返事をする事にした。上席のマネージャーさんが出てきて再度クロージングを受けるのかと思ったが、それは無くあっさりと説明会終了となりアメックスの商品券カードを頂戴する事となった。このあたりは、ウィンダムやヒルトンより営業方法があっさりしている。スマートで良い印象を受けた。それだけ商品に自信を持っているものと思われる。実際に購入してからの懸念としては、タイムシェア権利を部屋毎、季節毎に振り分けをしていないので、予約開始時期となる1年前に予約を確定しておかないと希望の部屋が取れないのではないかという事である。良い点としては他のリゾートへの交換などに手数料がかからないという事がひとつ。ヒルトンの場合、なんだかんだと数千円単位の手数料がかかる。また駐車場の利用が無料という事も非常に有難い。ワイキキでは駐車場が高いので、最近は車を必要とする時だけ、その都度レンタカーを借りているが、コオリナを利用する場合は空港でレンタカーを借りて滞在中借りっぱなしという方法が一番便利であろう。
お昼ご飯の時間には未だ少々早いので、ラグーンの周りを散策した。ワイキキやヒルトンハワイアンビレッジと違って人が少ないのと日本人比率が低いので雰囲気が全く違う。ハワイ島など他の島のリゾートに来ているかの様だ。リゾート上級者になれば良い過ごし方が出来る様になるかもしれない。サーフィンについては、マリーナ寄りのラグーンの先の海で出来るとの事であったが、この日は波が無いのでサーファーはいない。マリオットの従業員さんはサーファーが多いとの事であるが、車でノースショアまで行ってしまう事が多いらしい。グーグルマップで所要時間を計測するとマカハビーチまでは20分、ハレイワビーチまでは40分である。それぐらいの違いなら波の大きいノースショアに行くのだろう。ここでサーフィン三昧をするという過ごし方は余り期待出来そうにない。ゴルフを中心にして、たまにサーフィンするという感じだろうか。ひと通り敷地内を散策して、ランチの為にレストランのロンギースが入っているハレ・モアナ・タワーに戻った。ロンギースはタワー1階にある完全にオープンエアのレストランである。従って油断をするとスズメやハトがテーブルの上にやってくる事もある。欧米人の客は余り気にせず食事をしているが、私達は鳥たちの気配を気にしながらの食事になった。オアフのウエストエリアは風が強いので、このレストランの席に座っていてもたまに風が吹いて紙のナプキンなどは飛ばされる。良い意味では自然を感じながらの食事である。 レストランから眺める景色も良いので本当にリゾートに来ている気分にはなる。ここのタイムシェアを買って私達夫婦が有効活用出来るのかどうか、いろいろ話し合ってみた。将来的にリゾートとして発展して良くなるだろうという事は感じるので、今のうちに買っておいた方が良い気もするが、ハワイのモノレールが開通するのは未だはっきりとした目処が立っていないので時期を焦る必要は無さそうだ。マリオットの営業さんが言うには、ヒルトンのタイムシェアとマリオットのタイムシェアの両方を持つ事で世界中の色々なリゾート地を補完し合えるので最強の組み合わせになるとの事である。そう言われれば、それも一理あるので、どの程度世界のリゾート地をカバー出来るのか調べてみようと思う。私達の旅行スタイルは、食事の関係と洗濯機の利用という2つの面で、ホテルステイよりコンドミニアムステイの方が合っている。従って、タイムシェアの交換で世界中を旅行出来れば最高である。一応マリオットタイムシェアを購入の方向で考えるが、今回の旅行中に決めるのは見送ろうという事になった。一度改めて1週間程度体験宿泊をしてから決めようという事で、数年後に購入する事になりそうだ。
帰りのバスの出発時間になり、車寄せに集合すると来るときに乗っていた客ほぼ全員が揃っている様に見えた。購入見込みが高いと私が勝手に思っていた品の良い年配のご夫婦もいる。契約をするのであれば、この時間に帰る事は無いだろうから誰も買わなかったのであろう。やはりタイムシェアの権利はそう簡単に売れるものではない様だ。このコオリナにタイムシェアを買ったとして、日本から毎年来るのだろうかという思いを皆抱いている様な気がした。帰りのバスは当初アラモアナショッピングセンターで途中下車する予定でいたが、少々疲れたのでワイキキのマリオットまで乗って戻る事にした。ホクラニの部屋に戻り一息ついた後、屋上に行ってソファベッドに寝転んで日焼けをした。ワイキキに戻ってみると、やはりワイキキの賑やかさも良いと思う。逆にコオリナで1週間を飽きずに過ごせるのかという心配も湧いて来た。やはり、購入前には体験宿泊が必要である。

続きはこちら「サーフボード・レンタル」

こちらの記事もどうぞ「ヒルトンタイムシェア」

こちらの記事もどうぞ「タイムシェアを買って失敗する人」