ファミリーロッジ旅籠屋ホッピングの旅 ②軽井沢プリンスアウトレット

軽井沢プリンスアウトレット中庭の夜景

軽井沢プリンスアウトレットは夕方7時まで開いているので、先に旅籠屋にチェックインを済ませたのであるが、車から荷物を降ろして、ちょっと一息と思い、お茶を飲んでいると、いつの間にかあたりはほの暗くなってきてしまった。

四国旅行で宿泊した旅籠屋の建物は、廊下は外廊下で素通しであったが、軽井沢店の建物は、外廊下ではあるが窓サッシがついており、冬の間は寒さを防ぐ為に廊下のサッシを閉める作りになっている。それだけ寒さが厳しいという事である。

時間が遅くなるとアウトレットを見て回るのも寒くなるので、重い腰に鞭打って出かけることにした。

軽井沢プリンスアウトレット夜景

アウトレットに到着したころには、すっかり日が落ち、吹曝しの場内を歩くのは少々厳しい状況であった。

すれ違う人は殆ど中国からの観光客の様である。彼らの購買意欲は高い。両手に大きな袋を抱えながら、次々と店を物色している。元々は日本人向けに開発したアウトレットモールも今や彼らが来てくれないと成り立たないのではないだろうか。

軽井沢プリンスアウトレットの良い所は、敷地が広くて解放感があり、芝の庭が綺麗で楽しめるところである。反面、店舗から店舗へ渡り歩くには、距離がありすぎて非効率である。買い物重視であれば、木更津のアウトレットの方が効率よく楽しめる。

軽井沢プリンスアウトレットの場合は、最初から目当ての店を数件決めておいて、そこで買い物して、食事して、雰囲気を楽しむという使い方が良いのだろうと思う。その意味では、夕方に訪問するよりはお昼前後の方が時間帯としては良かった。

夕食を摂るにしても、殆どの店は、7時で閉店である。軽井沢エリアのレストランも閉まる時間は早い。別荘を持っている人達は夕食は自宅でゆっくり食べる方が多いのだろうか。

続きはこちら「いきなりステーキ・佐久」