覚書ひな形(埋設管掘削、水道・下水・ガス・電気等の越境)

埋設管等工事の為の掘削及び越境に関する覚書

○○○○○○(以下「甲」といいます)と○○○○○○(以下「乙」といいます)は、甲所有地(○○区○○○ ○丁目○番〇)及び乙所有地(○○区○○○ ○丁目○番〇)に各々建築する建物にて水道・ガス・電気を利用する為、甲所有地(○○区○○○ ○丁目○番〇)及び乙所有地(○○区○○○ ○丁目○番〇)を経由して○○側区道より引き込みを行う必要があります。

甲・乙は、水道・ガスの埋設管、電気の引込線及び中継する電柱の取扱いにつき、下記の通り合意しました。その証として、本覚書2通を作成し、甲・乙記名押印のうえ各1通を保有します。

1.甲・乙は、水道管・ガス管を敷設する際、基本的に自己の敷地内を通過させるものとしますが、工事上やむを得ない場合、相手方の敷地の一部を掘削する事を互いに認めるものとします。

2.電気の引き込み線については互いの敷地上空を越境して通過する事を認めるものとし、中継する電柱については甲乙協議の上設置場所を定め、お互いの越境を認めるものとします。

3.前2条の越境により、敷地の使用料は発生しないものとします。

4.本覚書の内容は、甲・乙が各々所有する不動産の所有権を第三者に移転する場合、新所有者に継承されるものとします。

5.本覚書に定めの無い事項については、民法その他の関係法規に従い、甲・乙互いに誠意をもって協議します。

以上

令和 年 月 日

甲  住所 ○○区○○○ ○丁目○番〇

   氏名 ○○ ○○      ㊞

乙  住所 ○○区○○○ ○丁目○番〇

   氏名 ○○ ○○      ㊞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA