SFC修行2019 ヒルトン福岡シーホークにチェックイン

福岡空港からヒルトン迄の移動はタクシーが楽なのであるが、地下鉄乗り場も直結して以前より行きやすくなったので、地下鉄を使った。

唐人町駅で降りて、タクシーを拾った。タクシーの運転手が話好きの人で、今は働き方改革で乗車時間が決められてしまったので稼げなくなったとボヤいていた。金曜日の夜などは遠距離の客を拾えて稼ぎ時なのに、遠距離を走ると勤務時間が超過するので断らざるを得ない事があるそうだ。

労働時間を減らすとともに最低賃金を引き上げていかないと、経済が萎んでしまうのではないかと、こんな場面でも感じる事になった。

ヒルトン4Fの車寄せに到着するとイケメンのドアマンが対応してくれた。そのうちモデルにスカウトされるのではないだろうか。

ヒルトンオーナーズのカウンターを目指して歩き始めたが、カウンターに人がいないので、一般カウンターの方に向きを変えると、そちらの中から女性が走り出てきて、ヒルトンオーナーズカウンターに誘導してくれた。

今回もやはりエグゼクティブルームにアップグレードはならず、その下の階の2930号室を用意してくれた。セールの関係で混んでいるという事だった。

前日にウェブチェックインで20階の部屋を押さえていたが、それより広い部屋でベッドが3台入っている部屋であった。

エグゼクティブルームにアップグレード出来なかったので、岩風呂チケットと無料ドリンク券をサービスしてくれた。結局どちらも利用しなかったが、心遣いが嬉しい。

ベッドが3台あっても無駄だと思っていたが、スーツケースを広げたり、着替えを置いたりと非常に役に立った。

やはり部屋の面積が大きい方が快適である。

夕食は、目と鼻の先に見えるショッピングモールのマークイズで食べることにした。

タクシー運転手は、ここに入っている寿司屋が美味くてお勧めという事であった。しかし、お勧めのネタはノドグロという事で、私にとっては脂質が多いので食べられない魚である。

店に行ってみると店舗前の椅子は順番待ちの人で埋まっている。

結局、直ぐに入れるステーキ屋で食べることにした。デンバーステーキというチェーン店であるが、肉は固めで噛みきり辛く、コクと旨味はない。

いきなりステーキでするように、ペッパーだけで食べようとすると、不味くて食べられない。ソースを付けると美味しくなるという肉であった(もしくは何とか食べられるという肉)。

お腹が満たされないので、パンケーキをいただいた。その後1Fのスーパーハローディでヨーグルトや果物類を買い込んでホテルに持ち帰って食べた。

寝る前に5階のトレーニングジムを覗いてみた。ホテルの規模の割にトレーニングマシンの数は少ない。最初4人であったが、途中から人が増えて10人になった。しかも女性が多いのでびっくりした。

何人かは韓国人の女性の様であったが、普段からジムで鍛えている慣れた感じであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA