SFC修行2019 エアターミナルホテル新千歳空港

エアターミナルホテル新千歳空港

エアターミナルホテル新千歳空港は、南側到着ロビーの一番端っこにある。従ってレンタカーの送迎場所からは非常に近い。各レンタカー会社の共同運行バスから降りて建物内に入ると直ぐにホテル入口があった。

北海道最終日は、翌朝の沖縄へのフライト時間を気にしてバタバタしたくないので、空港内で宿泊する事にした。今回の北海道修行で、どの様に廻るかは後から考えたが、このホテルでの宿泊だけは最初に決めてあったのである。

ネックは、空港のビル内にある為、空調が全館冷暖房となる事で、中途半端な季節である10月初旬のこの時期は空港ビルは冷房という事なのである。ここでもファンヒーターを予め部屋に入れておいてもらった。

部屋は4階の奥の方だったが、窓から外を見ると丁度搭乗口の上に位置しているようであった。この様な場所で泊まるのもなかなか面白い。

部屋のグレードとしては、ビジネスホテル並みであるが、空港内という立地の為、ビジネスホテルよりは価格が高い。広さ的には、広めのビジネスホテル程度である。一泊であれば全く問題ない。

ホテル内で夕食をとる事も出来るが、あまり人は入っていない。空港ビルの中に飲食店がたくさん入っているので、散策がてら空港レストラン街で食べることにした。

レストラン街で、海鮮料理を出す店をいくつかチェックして廻ったが、きくよ食堂が一番正直なネタで勝負している気がしたので、ここに決めた。想定通り、良いネタであった。

レストラン街も閉店時間が早いが、その他のショップも閉まるのが早い。また、この日は9月30日で翌日に消費税率アップがある為、システム調整を理由として7時で店を閉めるところも多かった。

コンビニも遅くまではやっていないのと店が小さくて品揃えが少ないので、何とかして欲しいところである。

台風18号が沖縄に迫っていた為、この2~3日は台風情報を常に気にしていたが、当初の予想ルートから次第に台湾寄りに逸れていったので、那覇空港には影響が及ばず、何とか修行を完遂出来そうである。しかし、台風シーズンに沖縄を絡めた修行をするべきではないという事は教訓となった。もし、このタイミングでOKA⇔SINなど組んでいたらヒヤヒヤものである。

翌朝8時に朝食バフェに降りた。思ったより品数があり内容も良い。味が濃いのでご飯が進む。ただし、パンは少なく品質も良く無さそうなので手を付けずにおいた。コーヒーもい美味しくは無かった。